10月28日号



平子学区と平子小学校
大人と子どもが一緒に防災訓練    避難所宿泊訓練や炊き出し

 

平子学区(高山光直区政協力委員長)では、先月9~10日、学区の防災訓練と平子小学校「おやじの会・お泊り会」とをコラボさせた防災訓練を実施。平子小児童70人をはじめ、学区連絡協議会や同小おやじの会有志のほか町内会、消防団などから合わせて約210人が参加して、9日午後から10日朝まで通しての防災訓練が行われました。
当日は3部に分かれ、1部では6町内会と自治会が、町内安否確認と学区災害対策本部との連絡訓練・避難所開設訓練を実施した後、2部は、平子消防団、同小おやじの会の保護者と児童も加わって、ゲームを取り入れた防災訓練を実施。子どもと大人が一緒に消火器訓練や煙道体験、バケツリレーなどに夢中になりました。

 

その後3部として保護者と児童らは消防団と協力して夕食の炊き出しをしたり、校庭や体育館にテントを張ったり、宿泊の準備をしました。
同小では、例年おやじの会の企画で「お泊り会」を実施していますが、地域の人たちと一緒になっての防災訓練は初めて。「とても楽しかった。また参加したい」と児童たち。同学区の高山委員長らは「子どもたちのパワーは素晴らしい。双方にとって良い経験になった」と話していました。

 

煙道体験の説明を受ける児童たち=同小校庭で


緑区出身のシンガーソングライター
藤田麻衣子さん
一つ言葉にすると、一つ何かが変わる

 

透き通った歌声で女性ファンの心をとらえる緑区出身のシンガーソングライター藤田麻衣子さん。
音楽を始めたきっかけは、名古屋の歯科衛生士学校に通っていた頃ミュージカル「big」のオーディションに合格したこと。「現場が楽しくもっと音楽がやりたくなった」「このミュージカルの主役は同い年の音大生で、私はアンサンブル。それが悔しかった」と振り返ります。歯科衛生士学校卒業後は、「オーケストラで歌いたいから東京に行く」と決意。
2006年9月、シングル『恋におちて』でCDデビュー。念願のオーケストラとの共演も実現させました。元気の出る歌詞が印象的な『やるしかない』は日本テレビ「はじめてのおつかい」のオリジナル挿入歌に採用。
去年、母校の天白高校の創立40周年記念式典では、愛知県芸術劇場大ホールでライブ出演。後輩たちに「一つ言葉にすると、一つ何かが変わる」とメッセージを送りました。万雷の拍手を浴び「感謝の気持ちでいっぱいでした」と語ります。「いずれは紅白歌合戦出場」と、夢を力強く言葉にしました。


長年の患者指導に感謝状
緑鯱城(こじょう会ボランティア委員会へ


今月10日、長年地域ボランティアとして患者支援活動を続けてきた「緑鯱城会ボランティア委員会」に、緑市民病院から感謝状が贈られました。
山本憲一病院長から「これからもよろしくお願いします」と声を掛けられると、「ありがとうございます」と笑顔で答える緑鯱城会・ボランティア会の鹿島節子委員長。
同鯱城会(約350人)に在籍しているメンバーの中から2人ずつが日替わりで受付け案内を担当。同病院に設置されている再来受付機の説明や患者への声掛けなどのサポート役を担っています。「2時間ずっと立ちっぱなしなので辛い時もあるけれど、帰り際にお礼を言われるとうれしい」「長く続けてきた歴史があるから、これからもずっと続けていくことが大切」と同会副委員長の遠藤ハツエさん。鹿島委員長も「気軽にあいさつしていただけると、私たちも励みになります」と話していました。


緑鯱城会ボランティア委員会のメンバーと山本病院長=同病院で

山田大夢(ひろむ)君

ドラゴンズのビールかけ見たい

 

ドラゴンズ・ファンになったのは野球中継をテレビで見ながら「自然とー」と話す大夢君。幼稚園年中の時、父・正一さんとキャッチボールで遊ぶようになって野球に興味を持ち、年長で野球教室に。現在は少年野球のクラブチームでショートやピッチャーを務めています。自身の課題はバッティングだそうで、学校に行く前と夕方には必ず素振りをするのが日課です。「バッティングや投げ方はお父さんが教えてくれる」と話していました。
大島洋平選手の大ファンで「ドラゴンズの中で打率1位!足も速いし、フェンス際に来たボールをジャンプしてキャッチしたファインプレーは格好良かった」と笑顔で話し、「(自分も)将来はドラゴンズの選手になって、何か新記録を作って名を残したい」と大きな夢を抱いています。
「大島選手は早く怪我を治して来年も活躍してほしい!」 「ドラゴンズのビールかけを見てみたい」と力を込めていました。


ナゴヤドームの「ヘルメットアイス」がお気に入り!


緑保健所でシェイクアウト訓練
3歳児検診に合わせ実施

 

名古屋市内で3歳以下の子どもが最も多い緑区。緑保健所は今月12日の3歳児健診に合わせて所内で地震避難訓練(シェイクアウト訓練)を実施しました。
 子どもたちには、イメージトレーニングのためにダンゴムシのポーズをとる塗り絵が配られました。14時30分ごろ、震度5弱の地震が発生したことを想定。3歳児と保護者、医師や保健師ら約180人の参加者全員が体勢を低くして頭を守りじっとするシェイクアウトの姿勢をとりました。
参加者たちは、揺れが収まった後、安全確認された屋外駐車場に職員に誘導されて避難しました。
約15分の訓練終了後、恵依さんを連れた大堀千紗さんは「誘導などいろんな事がきちんと決まっていて混乱なく避難できました。子どもが泣くかと思いましたが大丈夫でした。これから健診を受けます」と、順番を待っていました。
緑保健所保健師の岡田恵子さんは「保健所でのシェイクアウト訓練は名古屋市内で初めての試み。今回の反省点を、次につなげたい」と話していました。


「頭を守って、丸まってね」職員の声がけの中シェイクアウト姿勢を取る親子


0 コメント

10月14日号



熱田神宮お供え毎米刈り取り
氷上姉子神社で「抜穂祭」

 

先月28日、氷上姉子(ひかみあねご)神社(大高町火上山)境内にある大高斎田で「抜穂(ぬいぼ)祭」が行われました。
この祭りは、秋の収穫に感謝し斎田の稲穂を刈る神事。その収穫米は、熱田神宮と45の摂社(縁の深い神様を祭る神社)に供えられます。
6月の御田植祭で斎田に植えられた稲は豊かに実り、その1部は抜き取られて斎田脇に設けられた祭壇に供えられ、JAなごや大高支店の職員らも参列する中、神職が神事を行いました。
本紙のタウン情報欄を見て、大高斎田「抜穂祭見学と氷上の杜散策」に友達と参加したという神田さよ子さんは「前から来たかった神社。来て良かった。来年の御田植祭も見られたら良いですね」と笑顔で話していました。


刈り取りの儀式=同斎田で


桶狭間太鼓代表・黒山貴美枝さん
◆…桶狭間神明…◆

勇壮な太鼓を通して町おこしを

 

今年4月に設立25周年を迎えた「桶狭間太鼓」の代表。「勇壮な太鼓を通じて桶狭間の町おこしを」と立ち上げられた同太鼓は、28日の区民まつりでは、オープニングに先駆けて演奏(午前9時40分)します。
同太鼓との出合いは21年前。友人の紹介で始めたのがきっかけ。「音に魅せられて続けてきた」と振り返ります。現在、桶狭間太鼓のメンバーは70人。「25周年の大人の太鼓」「チビッコ太鼓(5~12歳)」「親子でDonDon(どんどん)」の3部で曜日・時間を分けて練習しています。
太鼓は大きな音がするので練習にも気を使います。地域の人たちが公民館の天井に防音装置を設置してくれるなど支えてくれてとてもありがたい」と感謝の言葉を繰り返し、「子どもたちが大人になっても、いつでも太鼓を続けることができる機会を提供したい」とも。
太鼓の伴奏に必要な篠笛は独学。高校時代は、水泳で国体に出場しました。「いつか『桶狭間太鼓』も、全国大会に送り出したい」と、さらなる高みを目指します。


「子ども会みこし」を作ったよ! 砦・南荘子ども会


今月21・22日に開催される「名古屋まつり」。「子ども会みこしパレード」(22日)に、今年は緑区から砦・南荘子ども会(会員63人)が参加します。英傑行列や山車揃と共にまつりを盛り上げる同パレードには、市内16区の子ども会がオリジナルの手作りみこしで参加します。
同子ども会は「名鉄電車」に乗った「アンパンマン」と、区の伝統工芸・鳴海絞りを取り入れたみこしを考案。子どもたちは張り子の「アンパンマン」に絵の具で色を付けたり、赤く塗った段ボールを名鉄電車の形に張り合わせたり…夏休み中に何回も集まって作りました。「アンパンマンのマントを鳴海絞りで作りました」と話す早川怜那さんは、みこし作りは初めて。みこし以外に「纏(まとい)」作りを手掛けた益山裕太朗くんは「空気を抜いたボールに綿を詰め、そこに細長い布と棒を刺して纏を作りました」と話しています。
みこし作りを指導した同子ども会役員の木下麻衣さんは「子どもたちはみんな生き生きと楽しんで取り組みました。鳴海っ子たちが作った世界に一つだけのおみこしを見てください」と笑顔です。

 

※同パレードは市役所前を午後0時12分、栄本部前を同49分に通過予定です。

 

完成した子どもみこしをみんなで囲んでハイポーズ!

青原 勝男さん
ドラゴンズが元気の源

 

このコーナー2度目の登場となる青原さん。念願の「全国球場制覇」を目指し、今年は各地の球場を訪れすでに85試合を観戦(9月11日現在)。奥さんと2人で車で出かけるそうで、「試合が負けても旅気分で楽しい」と話します。ソフトボールの監督を務めた経験がある青原さんは、スコアブックの付け方を覚えようと「球場で生の試合を見ながらスコアを付けていたら、野球が面白くて面白くて」と振り返り、1988(昭和63)年ドラゴンズのリーグ優勝が(面白さに)拍車を掛け、大のドラ・ファンに。
2006年にドラゴンズのファンクラブ(FC)創設時からFCに入会し、来年で会員歴12年になります。趣味のカメラで撮った選手やドラ・ファン仲間たちの12年分の写真を「干支で言えば、ひと回りしたということ。節目の年に一冊にまとめたい」と話します。
「今はドラゴンズの低迷期だが、こういう時こそドームに行って応援したい!」「自分にとってドラゴンズが元気の源。健康でいられるのはドラゴンズのおかげ」と笑顔です。

 

「若い選手たちの成長する過程を見るのも楽しい」と青原さん=自宅で


キュウリの苗にカボチャ?

諸の木の松井昭雄さん宅で

 

諸の木の松井昭雄さん宅では、この夏、庭に植えたキュウリの苗にカボチャが実り、近所の人たちの話題になっています。
松井さんは6月末に、いつも野菜苗を購入する園芸店で、ナスなどと一緒にキュウリの苗を3本購入、自宅庭に植え付けました。
キュウリは勢いよく成長して次々と花を咲かせ実を付けていましたが、8月の終り頃に気が付くと、キュウリのつるの1本にこれまでと違う大きめの花が咲くようになりました。 
近所の野菜作りの先輩が一目見て「これは、キュウリではないよ。カボチャだよ」と。同じ苗から育った隣のつるには、キュウリが下がっています。にわかには信じられない気持ちで観察を続けるとキュウリが枯れるころにはカボチャといわれた白い実は、いっそう丸く膨らみ直径15センチを超えるまでに。
松井さんが平針農業センターに問い合わせると「キュウリの台木に同じウリ科の強いカボチャを使うことがあるので、ないとは言えないが大きくなるのは珍しい」ということでした。9月末には収穫して調理。見守ってくれた人たちと食べたそうですが「思ったより水っぽくもなく、昔のカボチャの味でおいしかった」とのことです。

 

写真右側の丸いのがカボチャ左側がキュウリ=松井さん宅で


0 コメント