6月24日号



100年続く森を目指して
細根公園でヒメボタルの観察会


今月3日、細根公園でヒメボタルの観察会が開催されました。参加した25人の親子連れは、照明の無い真っ暗な森の中、ヒメボタルを探して歩きました。
「わあ!たくさんいるよ」と夢中になって探す子どもたちの声。この日は湿気が少なく、ホタルに最適な気候条件ではないものの、午後10時を回った頃から約1時間で100匹ほどのヒメボタルの光を観察することができました。

 

百匹余が光の舞 子どもら夢中

観察会を開催したのは細根公園特定愛護会(三好宣雄会長・42人)。長い間人手がかけられずに放置されていた「細根の森」を整備する活動を続けている、2011年に発足したボランティアグループです。毎月2回を活動日として、里山づくりの学習や森・竹林の整備作業、公園の美化活動を進めヒメボタルが生息する環境づくりも行ってきました。
「荒れ果てた状態を整備するのはとても大変だった」と同愛護会役員で平子ヒメボタルの会(10人)代表の宮嶋愛子さんは、整備を始めた当初を振り返り「森が100年先も残っていくことを願って活動を続けていく」と話します。
現在、公園内の散策路は整備され「細根の小径(みち)」と名付けられた園路には、京都の嵯峨野の風景をほうふつとさせる竹の細枝で作られた垣根もあります。
「ゆくゆくは(森の中にある)スペースを利用してブラスバンドの演奏会を実現してみたい」と、同愛護会会長の三好会長は、今後の夢を語っていました。

 

ヒメボタルの説明をする宮嶋さん=細根の森で

(写真提供:昭二さん=同森で)

※ヒメボタル…陸生のホタルで湿り気のある草むらや林にすむ。オスは体長8~9㎜、メスは体長6~7㎜で、小さいながらはっきりしたストロボ発光が特徴。午後11時から午前1時頃によく光る。


緑区長 馬渕幸男さん
区民の地域力の熱さを実感

 

名古屋市総務局市政運営企画部長から今年4月に緑区長に新任。かつて市の上下水道局緑営業所に勤務したこともあり「緑区は公私ともになじみ深い」と爽やかな笑顔。
緑区の印象を「古くて新しい町」と一言。そして絞りはじめ伝統工芸やまつり、町並みなど町が持つ歴史と、徳重地区など新しく成長していくエリアが融合する緑区の「区政を支える区民の地域力の熱さ、層の厚さを実感している」と。
「観光名所やまつりも多く、住民がそれを支え続けていることで地域の団結力は強まる。ひいては、防災力の強化にもつながっていると思う」と区長。自身も地域の人たちと触れ合うことでさらに「緑区への愛着が深まった」と話し、「区民に助けてもらいながら、皆と同じ目線で、全力で全てに向かいたい」と力強く語ります。
「各地に出かけていろいろ話をする機会があると思うができるかぎり自分の言葉で発信していきたい」という新区長の趣味は、中学時代から聞いているジャズとロードバイク。


松本清張の世界に聴衆魅了
 大好評「大人のための朗読会」


部屋の照明が落されると、参加者たちは身じろぎもせずスポットライトに浮かぶ朗読者に視線を集中させます。
先月28日、平子コミセンで開かれた「第19回大人のための朗読会」(同コミセン主催)。朗読するのは村上恵子さん。年3回、このコミセンで朗読会を始めて7年目です。 
いつもは浅田次郎の作品や「任侠(にんきょう)もの」の朗読が多いという村上さんがこの日選んだのは松本清張の『一年半待て』。短編法廷ミステリーの傑作と言われる作品。
 休憩を挟んで30分ずつ1時間の朗読を聴き終わった約30人の参加者たちは「今回もよかった」と、拍手とねぎらいの言葉を村上さんに掛けます。
2年前に立ち寄ってから「できる限り参加する」という畔柳喜久子さん=四本木=は「初めて聴いた時は感動で涙が出た」と話し、初期からのファンの広瀬健二さんは大高町倉坂からの参加だそうです。
平子学区連絡協議会の高山光直会長は「50人以上が来場する時も。次回は9月。回数を増やしてほしいという要望も多い」と話していました。
 

村上さんの朗読に引き込まれる参加者=同コミセンで

田中 涼子さん

今年こそCSに出場して!

 

滋賀県出身の涼子さんがドラゴンズ・ファンになったのは大学進学で名古屋市に転入してからのこと。「周りのドラファンに影響されて。ナゴヤ球場へ応援に行くとますます好きになったの」と話します。     
ご主人の中(みつる)さんは巨人ファン! 名古屋で育った2人の子息はドラファン!
「息子たちが小さい頃、ドラゴンズが開幕11連勝(星野仙一監督・1999年)した年があって。15連勝したらお小遣いをあげると約束したけど、結局あげられなかった」と笑顔で話し、「号外も出ていた」当時のニュースをよく覚えているそうです。
月に一度はナゴヤドームに足を運び、巨人戦以外のドラゴンズの試合はご主人と2人で観戦することが多いそうです。「その時は(夫も)ドラゴンズを応援してくれます」
ドラゴンズが勝った日は「うれしくて翌朝の新聞を見るのが楽しみ!」と明るい声の涼子さん。新聞だけでなく、テレビのニュースも「〟はしご〟して見る」そうです。「今年こそAクラスになってCS(クライマックスシリーズ)に出てほしい! 最後まで楽しませて!」と力を込めていました。


0 コメント

6月10日号



東海四県GG大会で見事優勝!!
緑区GG協会初の快挙

先月12日~13日の2日間にわたり、岐阜県関市で開催された第29回東海四県グラウンド・ゴルフ大会(日本グラウンド・ゴルフ協会主催)で緑区GG協会所属の渡辺政弘さんと、深谷智之さんの二人が、それぞれ見事優勝、同協会初の快挙と称賛の声が上がっています。


同大会には愛知・岐阜・三重・静岡の4県から男女合わせて1332人が参加。愛知県から696人(緑区からは20人)が出場し、それぞれ5グループに分かれて優勝を競いました。
深谷さんは「グラウンドの調子もよく割といい成績が出たかな」とも思っていたそうですが「まさか優勝とは、思わなかった。他の参加者の成績が振るわなかったこともあって運が良かった」「13年、グラウンド・ゴルフをやってきて、やっぱりうれしい。一緒にやってきた妻も喜んでくれてうれしかった)と話していました。
また、同じく優勝を決め、8ホール中3回のホールインワンで手にすることができる「ダイアモンド賞」も受賞した渡辺さんは「始めて3年目。ゴルフを少しやったことはあるがそんなにいい成績でもないし、優勝は自分でもびっくりした」「家族もびっくり、ふるさと(九州)の友人たちにも自慢したよ」と笑いながら話していました。
同大会では、長年にわたってグラウンドゴルフの普及に貢献したとして、緑区GG協会の極殿武忠副会長も表彰を受けました、

☆緑区GG協会緑連協の渡辺さん(右)と同協会大高の深谷さん(左)

 


今年の歌会始で佳作に選出
松浦鍼灸(しんきゅう)院院長
松浦 晴男さん

 

短歌は精神支えるライフワーク

「野に出でよ たらちねの母の声聞こゆ 夏かぜ三日まどろみの朝」―今年の歌会始で選歌に次ぐ佳作に選出された松浦さんの短歌。自身の作品が佳作と知ったときは「とまどいもあったけれど、正直にうれしかった」と話します。
短歌と出会ったのは今から19年前。突然の親友の死―その悲しみで何も手につかなくなっていたころ、それまで詠んでいた俳句の五七五だけでは足りない思いを込めることができたのが短歌でした。
短歌は「暇がある時」は頻繁に浮かぶそうで、最近は「同窓会で旧友と思い出を語ることも短歌を生み出すパワーになる」と話します。
松浦さんにとって短歌とは「こころ(精神)が折れそうなときに支えてくれるもの」であり「ライフワーク」だそうです。
多趣味な松浦さん。普段は鍼灸院を営む傍ら、視覚障がい者に普及している「フロアバレーボール」も楽しみ、愛知県フロアバレーボール協会の会長も務めます。「恩師や歌の仲間、友人たちに報いるためにもいっそう歌に精進したい」

 

☆短歌には俳句では足りない思いが込められる

 


クリーンキャンペーン・なごや2017
子ども会と地域住民が一緒に花植え

 

「全市一斉クリーンキャンペーン・なごや2017」(環境デーなごや・地域行事)を受けて、緑区でも先月末から今月にかけて、各学区を中心に、地域住民をはじめ消防団や区役所などが一体になって清掃・美化活動に取り組んでいます。
今年のメイン会場となった桃山学区では先月27日、多くの地域住民が参加して学区内の清掃に取り組む姿がみられました。セレモニー会場の桃山小学校では、朝早くから子ども会と地域住民が「花水緑の会」の指導で、校内の円形花壇に黄色、オレンジのマリーゴールドとピンクや白の日日草約300株を植えました。
大人たちが硬く固まった花壇の土を耕すのを待ちきれない様子の子どもたち。「30㌢ぐらい離して、苗の入ったポットがすっぽり入るぐらいの深さに掘って」と言う声に張り切ってスコップを握ります。「1番外側は黄色のマリーゴールドを植えるんだよ」と声を掛け合いながら植え付けに挑戦し、植え終わるとジョウロでたっぷり水を与えながら「きれいになったね」と満足げ。
同学区の宇佐美正弘区政協力委員長は「皆さんに感謝です。セレモニーにもたくさんの子どもが出席してくれて心強かった」と話していました。

 

「たくさん花が咲くといいね」と子どもたち=桃山小で

 

お気に入りの応援スタイルで笑顔の

辻 優成君


幼稚園年長の時、父・守さんにナゴヤドームへ連れて行ってもらって以来、ドラゴンズのファンになったという優成君。最初の試合の記憶はあまり残っていないけれど、楽しかった雰囲気はよく覚えていると言います。今でも父・守さんと一緒に月に2回はナゴヤドームに足を運びます。「でも、なぜか2人がドームに行った時は負けることが多いんだよね」と母・明子さんは苦笑い。
小学校1年生から4年生まで野球を習っていた経験もある優成君。今は塾通いで忙しいけれど、ナゴヤドームへ行けば、選手別応援歌の歌詞カードと2本のメガホンを持って大声で応援すると言います。歌詞カードはドラゴンズのホームページから自分で印刷して用意したもの。父・守さんは、ビールに〝どて煮〟をつまみながら観戦するのを楽しみにしていて、優成君も「ドームの〝どて煮〟はおいしい」と。
大好きな選手は緑区出身の大島洋平選手。「大島選手にもっともっと打ってほしい。なんとか最下位を脱出して、『日本一』になってほしい」と話していました。

 


0 コメント