4月22日号

◎ミュージカル タイミング~桶狭間に降る雨
○公演を前に稽古順調 ・6月17日・18日上演


 緑文化小劇場のオープン(2001年)以来、3年に1度「緑区の音楽劇」を発信してきた「みどり文化芸術ネットワーク」。その第6作『ミュージカル タイミング~桶狭間に降る雨』が、6月17日、18日の公演まで2カ月ほど。本番を間近に控え、稽古にもいっそう熱が入っている様子をお伝えします。
◎今回は本格的なミュージカルに挑戦

 桶狭間の戦いも〝タイミング〟良く情報が入ってこなければ、信長の勝利もなかっただろう…「人生のタイミングはいろいろある」と語るストーリー。 
 脚本、音楽も同公演のための書き下ろし、出演者は公募で募った8歳から82歳の男女約30人。劇中では8人編成のオーケストラ生演奏や桶狭間子ども太鼓がストーリーを盛り上げます。
 今月7日、東丘コミセンでの練習では楽譜を見ながら歌のチェック。ミュージカルは初めてという出演者は、初めてと思えないほどの声量で、稽古場に声を響き渡らせます。練習でも「タイミング」がキーワード。歌唱指導担当者の「ここで入るタイミングが分かる?」と聞かれると、出演者たちは「はい!」と力強く応えていました。 
 同ネットワークの林正敏会長は「今回は本格的なミュージカルに挑戦します。出演者たちも観客たちも、緑区に対して更なる愛着や誇りを持てるきっかけになればうれしい」と話していました。
 ※6月17日は午後2時と6時。同18日は午前11時と午後3時の公演。チケット前売り=大人2500円、中学生以下500円。緑文化小劇場で取り扱っています。

表情豊かな出演者たち=同コミセンで

緑区グラウンドゴルフ連絡協議会会長

南部 捨尋(すてひろ)さん

若者への普及を目指し奮闘中

 

昨年4月、緑区グラウンドゴルフ連絡協議会会長に就任。「グラウンドゴルフは生涯スポーツ。年齢に関係なく誰でも楽しめることを知ってほしい」とさらなる普及を目指し奮闘しています。
グラウンドゴルフに出合ったのは20年前。町内対抗の大会に出たことがきっかけ。「年寄りのスポーツだと思っていたが、年齢によって楽しみ方が違い、若くても十分楽しめる」と思ったそうです。年月が経ち競技する人も年を重ねていきましたが「若者がほとんど入会しないことがとても残念」だと言います。
最近では学区などでも小学生と一緒にプレーする機会が増えてきたそうで「80歳過ぎても楽しめるが、若い人たちと一緒にできればもっと楽しい」「子どもたちが大人になっても続けていれば年齢層も自然に若くなり、スポーツとしても広がる」と夢も膨らむ。
 県の推薦を受け、国の資格「普及指導員1級(マスター)」にこの4月に挑戦。合格したのは緑区では前会長に続いて2人目。


愛猫写真を募集
今秋出版『にゃんこ みっけ』に掲載

中日新聞社では、秋に出版する『にゃんこ みっけ』に登場してくれる愛猫の写真を募集しています。
笑いがこぼれる猫本で、「かわいい」「おもしろい」「かっこいい」など思わず抱きしめたくなるような、とっておきの写真を選考の上、掲載します。
過去1年以内に応募者自身が撮影した未発表の写真に限ります。
郵送の場合は、氏名、郵便番号、住所、電話番号、猫の名前と年齢・性別を紙に書いて写真の裏に貼り、封書で〒460-8511 中日新聞社出版部「猫写真」係へ。
メールは、ウェブサイト「中日プラス」で検索か、QRコードから。ファイル形式はjpg・jpeg・gⅰf・pngのみで、2MB以下サイズ。
締め切りは、いずれも4月28日(消印有効)。問い合わせは、中日新聞社出版部「猫写真」係℡052(221)1714=平日午前10時~午後6時=へ。

河合 宣秀(のりひで)さん

携帯アプリで結果チェック

 

小学生(低学年)の頃から熱烈なドラゴンズファンだった河合さん。父親が名鉄に勤めていたこともあって、試合のチケットが購入しやすかったそうで「よくナゴヤ球場に観戦に行っていた」と振り返ります。
妻も息子(現在高3)もドラゴンズファン。「3人でドームに観戦に行くこともある」そうで「息子は冷静に試合を見ているタイプ。自分は大声で応援している。いいストレス発散になる」と笑っていました。
最近は仕事が忙しく、テレビ中継があっても見られないことがほとんど。「今は携帯のアプリで結果をチェックしている。随時試合の経過を送ってくるからイライラせずに済む」のだそうです。
井上一樹選手のファンだったそうで、2009年の引退試合はドームで観戦。井上選手が投げたサインボールを目の前でキャッチ! 「まさか自分が受け取れるなんて思ってもみなかった。今まで観戦に行って、一番の思い出」と話していました。


愛犬のりぼん・9歳)と一緒に「今年も応援し続けます」=自宅で