7月22日号



緑クッキング「男の料理教室」(緑生涯学習センター)

 

家族に作って評判も上々

平成12年に立ち上げられ、20代から70代までの男性26人が参加している緑クッキング「男の料理教室」(木原芳麿代表・高辻幹子講師)。班ごとに6台の調理台に分かれ、鍋や包丁などの調理道具を整えてから調理を始めます。
「ネギのみじん切りが上手にできると奥さんに褒められますよ」と高辻講師が手際よくネギをみじん切りして見せると、参加者から「おおーっ」と歓声が上がります。この日の献立は油淋鶏(ユーリンチー)・海鮮チヂミ・ワカメと玉ネギのスープ。
これまでに作ってきた献立には、麻婆豆腐や茶わん蒸し、肉じゃが、ヒレ肉の酢豚などがあり、参加者の山本恒二さんは「毎回違ったものが食べられるからうれしい。家族に作っても評判が良い」と話していました。
同教室代表の木原さんは「7年通い続けている。これからも腕を上げて実は(料理が)できるんだぞ、というところを披露したい」と話していました。

調理中も和気あいあいと楽しそう!

 

今日もいい出来!いい笑顔!


夏まつり24万人プロジェクト「夏まつり2017」実行委員長
久納征人さん

 

まつりの認知度アップに奔走

今年、開催6回目になる「緑区大好き24万人プロジェクト・夏まつり2017 in ヒルズウォーク徳重ガーデンズ」(28、29日開催)の実行委員長を務めます。
「立ち上げからこれまで、会長・副会長らが作り上げてきたベースをしっかり引き継ぎ、新しい試みも取り入れながら、地元貢献につなげていきたい」「例年、会場の奥に設置してきた飲食店を、人通りの多い場所に移してみるなど、細部に知恵と工夫を出し合って一歩でも二歩でも前に進めたら」と話します。
「(このまつりの)地元での認知度も上がってきた。もっと区外からの来場者も呼び込める『まつり』に育て、魅力ある緑区の一つとして発信したい」と力強く話します。
「これまでのまつりは、天候に恵まれてきました」が、「どんな天候でもどんな年代の方でも、必ず来場者が楽しめるイベントをたくさん用意しています」とにっこりする久納さん。


《思い出新聞》


お誕生日、ご結婚、敬老の日など
お祝いや記念品に

中日新聞では、「思い出新聞」を販売しています。
「思い出新聞」は、ご希望の日付の紙面をA3サイズに縮小コピーし、専用の二つ折りクリアカバーに入れてお届けするものです。
紙面は一面(政治面)と社会面の2枚セットもしくは一面(政治面)・社会面のどちらか1枚からお選びいただけます。

 

紙面は明治39年11月6日からです。中日新聞は昭和17年9月1日に「新愛知」と「名古屋新聞が」合併して誕生しました。それ以前は、「名古屋新聞」をお送りします。
お申し込み後、約一週間でお届けします。ご希望の日が休刊日等で朝刊がない場合は夕刊を、朝夕刊ともにない場合は翌日の朝刊となります。なお、紙面は名古屋本社の朝夕刊最終版を使用します。

ご注文、支払方法など詳細はお問い合わせからご連絡ください。

 

※思い出新聞お支払いの例
(新聞販売店で注文受取)
①一面(政治面)・社会面2枚セット
 600円
②一面(政治面)または社会面1枚の場合

 400円

長屋 憲明さん

 

街をドラゴンズ・カラーに染めたい

父親も母親も大のドラゴンズ・ファンという環境の中で育ち「気が付いた時にはドラファンになっていた」という憲明さん。試合を観戦した回数は数えきれないほど。同じようにドラゴンズを応援している仲間たちと一緒に観戦に行き、大いに盛り上がるそうです。
印象に残っているのは1999年の8月に行われた巨人との対戦。その年の優勝にも貢献した2試合連続の逆転勝利という快挙を目の当たりにし、大興奮したと言います。他にもドラゴンズが2007年に日本一を成し遂げた時の試合は、中日ビルに設置されていた大画面で夢中になって観ていたそうで「名古屋の街とドラゴンズがもっと密着した方がいいかな。街がドラゴンズ・カラーに染まるといい」と話していました。
部屋の壁はドラゴンズのカレンダーや選手のサイン、ポスターなどで埋めつくされています。
「にかく勝ってほしい! 頑張ってほしいです! 」と力を込めました。

 

お気に入りのドラゴンズ・グッズの前で。