11月25日号



第5回「緑区防災フェスタ2017」
幼児から高齢者まで多くの家族連れが参加


先月11日、緑区役所で「命・助け合い・自ら働く」をテーマに恒例の防災フェスタが開かれました。区役所の駐車場・講堂2階には多くの家族連れが訪れ、起震車で揺れを体験したり、いざという時のための避難グッズを手にしたりしながら防災について考えていました。

このフェスタは区制50周年(2013年)から毎年開かれているもので今年5回目。チーム・みどりっちが歌う「い・つ・も」「お・か・に」の避難ソングで幕を開けた同フェスタ。若い人中心の防災訓練と違い、高齢者や乳幼児を抱えた来場者も多く、区役所駐車場いっぱいに広がったはしご車やエアーテントに興味津々。長い列を作って試乗に臨んでいました。
区役所2階の会議室には、避難所体験コーナーが設けられ、段ボールの間仕切り作られた救護用ベッドに横になった60代のご夫婦は「寝心地は悪くないけど、段ボールはかさ張るし…個人で用意はできないね」「でも顔の部分が隠れるだけの間仕切りでも必要よ」などと話し合っていました。
講堂ではたくさんのボランティアが「非常食」「仮設トイレ」「間仕切り」「家具転倒防止器具」などのグッズを並べ、使い方などさまざまな相談に乗っていました。
1歳になる赤ちゃん連れの家族は「子どもが生まれて初めて参加。
ミルクや食べ物、寒さ対策など、考えるきっかけになって良かった」と話していました。

 

☆幼児も放水体験

 


なごやかクラブ緑・女性リーダー会会長
大橋ます江さん

地域に貢献しながら輝いていたい


「地域のために何か活動したい」と思ったことがきっかけで、「なごやかクラブ緑(老人クラブ連合会)」に平成21年入会。今年の4月から、区内各地の同クラブから女性1人ずつが参加して結成される「女性リーダー会」(77人)の会長を務めています。
先月末に開催した「小物作り研修会」では「目に見えないところの準備が大変でしたがみんなで協力し、たくさんの人に喜んでもらえました」と話し、「今回は編み物でしたが、次は趣向を変えてみようかしら」と、早くも次回の企画を思案しています。
「みなさんの知恵を借りながら、女性リーダー会の活動として何か一つ形を残したい」と意欲的で次々にアイデアが浮かぶ大橋さん。「健康づくり研修会」で『NO!詐欺(野ウサギ)音頭』を踊ることを提案。自ら群馬県警に電話して取り寄せたDVDを見て、西川流の先生に指導を受けたそうです。
「女性リーダー会って楽しいところーとみなさんに思ってほしいの」と笑顔。今後も「地域に貢献しながら、輝いた老後を送りたい」と目を輝かせます。


ファン待望「2018年・ドラゴンズカレンダー
中日新聞販売店などで好評発売中
 
ファン待望の「中日ドラゴンズカレンダー2018」が中日新聞販売店などで発売中です。
森繁和監督をはじめ、急成長の京田陽太や小笠原慎之介・柳裕也・鈴木ひろし翔太のドラフト1位トリオに、大野雄大、吉見一起、田島慎二、岩瀬仁紀、大島洋平、平田良介、荒木雅博、福田永将ら試合中のベストショットで構成されています。     
サイズは縦53㌢、横38㌢。14枚組み(表紙・付録含む)1部1,265円。購入は、ご購読の同販売店へ。問い合わせは、本ホームページからも承っています。

若松 俊一さん
強竜復活願いドラにエール

 

地元で生まれ育ち、ずっとドラゴンズ・ファン。スポーツ好きな俊一さん自身も中学生の時に軟式野球部に所属していて、「まだ公式戦もない時代だったけれど、野球を楽しんでいた。セカンドを守っていたよ」と話します。
社会人になってからも会社の野球チームに所属し、他にもテニス・スキー・サーフィン・ゴルフ…と、さまざまなスポーツに興じてきました。「最近は少し腰を悪くしゴルフも控えているが、孫と『人生ゲーム』をやるのが楽しい」と顔をほころばせます。
星野仙一監督でリーグ優勝を果たした1999年を「あの頃は中日が盛り上がっていた。川上憲伸投手や山崎武志選手、立浪和義選手など役者がそろっていい時代だった」と話し、「負けず嫌いの落合博満監督もよかった」としみじみ。
ドラゴンズのスター選手として活躍した高木守道選手の大ファンでもあり、最近は「若松駿太投手を応援している。同姓だから親しみを感じる」という俊一さん。「若い選手がどんどん出てくれることを期待している。頑張れドラゴンズ!」とエールを送ります。
 
☆お気に入りの帽子をかぶって=自宅で