1月27日号


2018年成人式

 

成人の日の今月8日、区内の中学校など10会場で成人式が開催されました。緑区での今年の新成人対象者は、平成9年4月2日から同10年4月1日生まれの2494人(男子1260人・女子1234人)。あいにくの冷たい雨が降る1日でしたが、式には対象者のち80%を超える新成人が出席。各会場はスーツや晴れ着に身を包んだ男女でにぎわいました。

 (写真/ 「心の灯」を見守る出席者たち=緑文化小劇場で)

 

【緑文化小劇場会場】 
緑文化小劇場には前10時から鳴海東部・常安・徳重・熊の前・神の倉の5学区、午後1時から旭出・滝の水・小坂の3学区の新成人が集まりました。
午前の式典には冷たい雨の中にも関わらずの出席者で座席が足りないほど。女性陣の大半が和服姿で凝った髪型が目立ちます。その変身ぶりにスーツ姿の男性陣からは「女子は誰だか分からないな」との声も。
式典の中でも盛り上がったのは各地区の新成人代表者が持つろうそくに前年の男女代表者が点火する「心の灯(ともしび)」。各地区の代表者が呼ばれるたび大きな拍手と笑い声が起こりました。
若尾侑哉さん(大学生)は「友人と夢だった起業をし、今は奮闘中です」と意気揚々。また森本海羽(みゆ)さん(大学生)は「勉強している建築の仕事に就きたい」と将来の夢を、同じく竹重紗(ずず)さんは「両親に手紙を書いて渡しました」と親に感謝を伝えたと話していました。

 

【鳴子台中会場】
鳴子台中会場の対象は鳴子・長根台学区。午前10時半から体育館で行われた式は、地元の鳴子踊りチーム「鳴子調」と「煌☆」(きらぼし)の演舞で開始。式後半には、新成人男性代表の永田涼さん(メーカー勤務)が「自分の行動に責任を持てるようになりたい」、女性代表の小出明里さん(大学生)が「今はまだまだですが、自立したい」と「誓いのことば」を述べました。
式終了後午前11時半からは、会場や席はそのままに「同窓会」が行われました。これは毎年新成人有志が立案、運営するもので、この会場ならではの恒例行事。当時の授業風景を思い出させる恩師のお祝いスピーチに一同爆笑し、この会のために作られた中学3年間のスライド上映に涙ぐみ、最後は「晴れ着の女子に代わって男子が頑張ろう」などと全員で椅子を片付け、中学3年時のクラスに分かれて歓談タイム。和気あいあいの雰囲気のまま午後0時半に散会となりました。

 


【緑区役所講堂会場】 
区役所講堂の対象は緑・平子学区で、左京山中学校などの卒業生121人が集まりました。
午前10時から行われた式では平子学区の高山光直区政委員長の開会のあいさつに続いて、丹羽弘樹農政課長が「郷土に愛着を持って、町づくりの担い手になってほしい」と緑区長の祝辞を代読。また、祝いに訪れた、新成人が中学3年生時の担任たちが紹介されると、会場内の列席者たちから歓声やどよめきが起きていました。
阿部佑香さん(大学生)は「成人式がひとつの区切りかな。ちゃんとした大人になって親や祖父母に自立した姿を見せたい」と話し、中野圭さんは「久しぶりにみんなに再会できてうれしい。人から慕われる大人になりたい」と話していました。

 (写真/ 式の合間にピース!=区役所講堂会場で)


  

 


手作りの列車
山口隆善さん

 

昨年秋の大高地域コミセン祭りなどで全長4㍍45㌢の自作の列車を走らせた山口隆善さん。
列車は客車とトロッコが連結された5人乗りです。エンジンは車のワイパーのモーター2個で動きます。線路幅は個人でトロッコなどを走らせる世界最小の15㌅(381㍉)。材料は農作業小屋の廃材を使用しています。
きっかけは、友人と三重県を走る三岐鉄道三岐線にミニSL・ミニ新幹線無料運行を見に行ったこと。「これなら自分も作れるかな」と思ったそうです。
「子どものころは、大高の堤防をトロッコが走っていた。また、大工さんと一緒に父が家や小屋を建てていて、私も手伝った。いろいろ作るのは、父の影響かな」と、懐かしそうに話します。
若いころは、ヨットを造って琵琶湖の大会に出場。ミニカーやカヌーのキットを作製し、実際に道路を走ったり池で浮かべたり。「農作業小屋はすっかり工作小屋になってしまった」と、笑顔で話していました。

 (写真/ 自作の列車に乗っている山口さん=自宅で


西尾 孝雄さん

 

地元で生まれ育った孝雄さんはもともと「野球をやっていなかったし、あまり(ドラゴンズの事を)知らなかった」そうですが、「親戚の薦めで息子を初めてナゴヤ球場に連れて行ったら面白くって」―以来、ドラゴンズに夢中だそうです。
ナゴヤドームが完成してからは毎年ドームに足を運んでいて、「シーズンシートで知り合いと観戦したり土日なら孫を連れて行ったり…。半分応援して半分はビールを飲んでいる。売り子さんにも顔を覚えてもらっているよ」と笑います。家ではJスポーツ(※スポーツ専用TVチャンネル)を視聴し「試合を最後まで楽しむ」そうで、「負けても態度には出さないが、やはり勝たなきゃ面白くない」と話していました。
昨シーズンを「荒木雅博選手の2000本安打達成は良いニュースだった。大島洋平選手もケガして打率3位は立派」と振り返り、「今季はぜひAクラスになって!ケガしないように頑張って」とエールを送っていました。

(写真/ 球場で拾ったファウルボールを手に持って=自宅で)