2月24日号


暴漢が刃物 負傷者発生!南生協病院で「集団災害訓練」

病院・医師会・消防団・消防署が連携

 

先月27日、南生協病院(長江浩幸院長) (南大高)で、同病院、緑区医師会、消防団 (大高・大高北・大高南)、緑消防署が連携しての「集団災害訓練」が行われました。多数のケガ人が発生した場合の適切な救急活動を実現するために実施されている取り組みで、同消防署が起案。

「1階ロビーで、刃物を持った男が暴れ、多数の負傷者が発生した」というアナウンスと同時に訓練がスタート。  
14人の負傷者役の消防団員たちの腕には、「トリアージタッグ」と呼ばれる個人情報や負傷程度などを記載したタッグが取り付けられ、現場に設置された指揮本部ではタッグを目印にして的確に搬送先の振り分け作業をするなどの訓練が行われました。
負傷者役に包帯を巻くなどの救急活動を行っていた消防団員・星屋一路さんは「このような想定での訓練は初めてだが、普段から訓練しているのでスムーズに行うことが出来た」と振り返ります。
緑消防署・堀井明消防第1課長は「迅速な動きを見て心強く感じた。実際の場面では異なることもあると思うが、今後も連携を強化していければ」と話していました。

 

(写真/訓練時、ロビーは物々しい雰囲気に=同病院で)

 




通学見守り ボランティア
石原 修一さん
「石原のおっちゃん」と呼ばれて

 

熊の前小学校の通学路で見守り活動を毎朝続けて10年。「自分だけじゃなくて他にも続けている人はたくさんいるよ」と謙遜しながらにっこり。登校中の子どもたちの様子に目を配り、校門まで付き添うそうことも。「大変なこともあるが子どもに接するのは楽しい」と話します。
修一さんが同活動を始めたきっかけとなったのが、約10年前に同熊ノ前西交差点で起きたオートバイによる死亡事故。「(自分の)店からも子どもたちが道路を渡る時の危なっかしい様子を目にするので、事故に遭わないようにと強く思うようになった」と話します。
子どもたちには「石原のおっちゃん」と呼ばせているそうで、「近所で会った時に声を掛けてもらえるのがうれしい」と目を細め、「子どもたちの成長を我が子のことのように感慨深く感じる」と。
「学校の先生や保護者が口を出すのが難しい時代だからこそ、地域で見守ることが必要なのでは」「新学期を迎えてからも元気にやっていきたい」と目を輝かせます。

 

 

 

 

文化財防火デーに消防訓練
相原町の瑞泉寺で法堂放水など


先月31日、龍蟠山瑞泉寺(相原町)で「文化財防火デー消防訓練」が行われました。
 1949(昭和24)年、法隆寺金堂が炎上して壁画が焼損したのが1月26日だったことからこの日が「文化財防火デー」と定めらたことにちなみ、文化財愛護の意識高揚を図って行われている訓練で、同訓練に参加したのは瑞泉寺関係者や地域住民、消防関係者などの約50人と、消防関係車両6台。
南海トラフ巨大地震(震度6強)の発生に伴い、瑞泉寺庫裏で火災が発生し、県指定文化財である総門へ延焼する可能性があるという想定。
自衛消防隊員や鳴海学区住民は「発火点」と書かれた的を目がけて訓練用の消火器で消火訓練を行い、鳴海消防団員らは長いホースを法堂に向けて放水訓練を行っていました。
瑞泉寺に勤務する太田武宗(ぶしゅう)さんは「同訓練をして改めて火の管理に気を付けようと思いました。寝静まった時間の防火対策も課題だと感じました」と話していました。 

嶋 稜太郎さん (高校3年)

ドームでは熱狂的に応援

 

祖父がドラゴンズファンだったことから「おじいちゃん子」の稜太郎さんも「自然にドラ・ファンになった」と話します。  
受験生ということもあり、昨年はなかなかナゴヤドームに行けなかったそうですが、「受験も終わったので (3月から始まる) 侍ジャパンのオーストラリア戦を見に行きます!」と意気込みます。
穏やかな印象の稜太郎さんもドームで観戦する時は「熱狂的に応援する」そうで、選手の応援歌を歌ったり、周りの初対面の人と意気投合して応援したり…。「ドームから帰ってくる頃には声もガラガラです」と笑顔。
稜太郎さんの父・元彦さんは実は熱狂的な巨人ファンだったそうですが、稜太郎さんの影響で今ではすっかりドラ・ファンに! 
父が「小笠原慎之介投手や鈴木博志投手に期待している」と若手選手に熱いエールを送ると、稜太郎さんも「大島洋平選手に首位打者に、ビシエド選手にはホームラン王になってほしい」と力を込めていました。

 

(写真/「Aクラス目指して頑張って」と稜太郎さん=自宅で)

 

 

 

 

和太鼓衆「千龍」
かけがえのない「太鼓」と「なかま」

 

結成8年目の今年、初の単独舞台公演を緑文化小劇場(3月11日)で行う和太鼓チーム「千龍」(奥まりこ代表16人)。
千鳥丘中学校教諭だった奥代表が同校在勤中に「同中に和太鼓部を創部」、定年退職後に「同部の教え子たちと5人で、チームを立ち上げた」のだそうです。
桑本怜志(さとし)さんら一期生メンバーをはじめ「千鳥丘中時代に選択科目の体育で太鼓を学んだ」という斎藤秀成(ひでなり)さんや、長野県から大学進学で名古屋市に来て「同級生になった千龍のメンバーから声を掛けられて一員になった」上村澪香(れいか)さん、「学校で千龍の演奏を聴いて太鼓を叩きたくなった」という千鳥中の2年生もいます。
寸暇を惜しんで他チームの舞台を見に出掛けて学び、ハードな練習に励むメンバーたち。そろって「太鼓」に魅了され、かけがえのない「なかま」を得た若者たちは「苦労は、練習する場所の確保だけかな」と笑います。

 

※今月11日(日) 午後3時からの緑文化小劇場公演チケット(全自由席)は、

大人1,000円、子ども500円 (中学生以下)。
 
(写真/礼儀正しく、笑顔の絶えないメンバーたち=豊明市の練習場で)