3月24日号


桶狭間学区が堂々の3連覇達成

第25回緑区学区対抗駅伝大会

 
今月4日、大高緑地で「第25回緑区学区対抗駅伝大会」(緑区体育協会など主催、中日新聞社など後援、中日新聞緑支部協賛)が開催され、区内全28学区と、区役所などオープン参加6チームの計34チームが出場。熱戦を繰り広げた結果、桶狭間学区が優勝、連覇を果たしました。

 

準優勝は小坂学区、3位は緑学区

この大会は、大高緑地内西側にある1周約2.4㌔の「周回コース」を5人の走者が1周(1区)ずつ走って〝たすき〟をつなぎ、3周目は必ず女性が走るのがルール。
最高気温が4月中旬並みだったこの日も、大会が行われた午前中は薄曇りで風も弱く、ランナーには上々のコンディション。沿道には各学区の旗やのぼりが並び、学区の人たちから「頑張れ」「○○ちゃん、あと少し!」など力強い声援が送られていました。
優勝した桶狭間学区は、区間賞を受賞した桜井康貴さんを第1走者に立て、チーム一丸となって力走。3連覇を果たしました。
勝因を監督の楠本直樹さんは「メンバーは普段走っている人ばかり。皆で1月中旬から週1回、このコースで練習して今日に備えてきました」と話し、「来年は4連覇を目指す!」と早くも気勢を上げていました。準優勝は小坂学区、3位は緑学区でした。


(写真 / スタート! 区間賞受賞者は1周8分前後で走る=大高緑地で)

 

 




チアドラゴンズ2018
MANAさん

 

「チアドラゴンズ2018」のメンバーとして4月3日のナゴヤドームでの開幕戦・対巨人戦でデビュー(予定)します。チアドラ(※ドラゴンズのオフィシャル・チアパフォーマンスチームの略=以下チアドラ) メンバーになる夢を目指して「12年間、ダンスレッスンを続けてきた成果を、ぜひ見てください」とにっこり。
MANA(チアドラ名)さんが「チア・ドラメンバーになろう」と思ったのは小2の時、母の薦めでチアドラ・ダンスレッスン(鳴海中日文化センター) の体験レッスンを受けたのがきっかけ。そ後入会して、「オーディションに受かるまでずっと楽しみながらレッスンを続けてきた」と話します。
オーディションには3回挑戦。不合格の時は「落ち込んでいないで、苦手な部分は克服しよう」と心掛け、面接時に言われた講評を「しっかりと受け止めて」レッスンに励み、3回目に見事夢をかなえました。「あきらめずに頑張ってきてよかった」
チアドラを目指す人たちには「観客を楽しませるパフォーマンスを身に付けて」と話し、MANAさん自身も「みんなから憧れられる存在になりたい」と目を輝かせます。
 

 

 

 

 

第23期はつらつクラブ交流会
芸能発表などで」大盛り上がり

 

今月2日、緑文化小劇場で「第23期 はつらつクラブ交流会」(緑区社会福祉協議会主催)が開催され、260人が参加。芸能発表などで盛り上がりました。
区内に16会場ある「はつらつクラブ」では、1年を2期に分けて、緑区内在住の65歳以上の人たちが健康増進活動などを通じて、介護予防や仲間づくり、地域活動への参加促進などに取り組んでいます。
2日は区内各会場での日頃の取り組みの成果を発表して、他会場の人たちと交流する日。参加者たちはステージ上で歌や踊りなどを順々に披露、拍手を浴びていました。
「毎週歌と振付けを練習してきました。踊りがそろわないから振付けを無くして、歌で勝負!」「衣装もそろえて『ダンシングヒーロー』を踊るの。若いでしょ」などと待ち時間の間もにぎやかな参加者たち。発表が始まると少し緊張した表情を見せながらも、練習の成果を堂々と発表していました。

同協議会の尾藤宗男会長は「毎期のことですが、同クラブの人気は高く、定員数を上回るほど応募者が殺到します。これからも健康寿命を延ばして、元気に頑張りましょう」とあいさつすると、会場から大きな拍手が沸き起っていました。 

 

 

(写真 / 観客も大盛り上がりのスズメ姿で『電線音頭』! )

 

 

 

 

 

 

1万人参加・体験して健康に

大高緑地で「健康スポーツまつり」

 
学区対抗駅伝と同日の今月4日、大高緑地中央部にある若草山周辺では「健康スポーツまつり」(愛知県主催) が開催されました。開催は今回が初めて。地元団体や企業による、健康とスポーツにちなんだブースやステージなどが多数出展され、約1万人が来場しました。
ステージでは、プロのなわとび師によるパフォーマンスやボクササイズのデモンストレーションなどが行われ、観客も一緒になって楽しんでいました。会場内には、ボルダリングや健康グッズ作りなど体験型コーナーや、健康や食について学べるブースが各種並び、親子で参加する姿が見られました。
 制服姿が元気に出入りしていたのが、鳴海高校写真部 (部員18人) のブース。学区対抗駅伝とスポーツまつりの両会場内で、部員の目に留まった光景を撮影し、写真は記録・資料として両主催者に提供するというもの。来場者から依頼があれば、その場で写真撮影にも対応していました。部長の有吉裕一さん(同高2年) は「全国高等学校写真選手権大会(写真甲子園)本戦大会出場を目指しています。今日の経験を生かして、会心の写真を撮りたいです」と話していました。


(写真/ 西川右近さんの指導で、観客も一緒に「日本舞踊エクササイズ」。中央は大村秀章愛知県知事=大高緑地で)

 

 

 

 
 

緑区在住の長寿犬
マロン
(チワワ・メス・19歳2カ月)

 

迷い犬だったマロンと柴山真由美さんが出会ったのは今から9年前。「道路の脇に置き去りにされていて…。その時は頭のてっぺんが白髪だらけでした」と話します。その後連れて行った病院で年齢は10歳だと判明し、現在に至ります。
柴山家に迎えられた時はオドオドしていて、特に男の人が苦手だったそうです。「今も性格はおとなしいけれど、主人や息子には懐いている」とのこと。柴山家で飼われているもう1匹のあずき(ミックス・メス・7歳)とも仲良しで「お互いに好きなものが違うからあまり争いにならない」そうです。
長生きの秘訣(ひけつ)は「特別なことはしていない」そうですが、「こたつにもぐったり、冷房の下で寝ていたり…。家の中で快適に過ごせるよう自由にさせています」と真由美さん。 
「トリミングに連れて行く動物病院で撮ってもらう」というマロンたちの写真がたくさん集められたアルバムをめくりながら、真由美さんは「最初は小さかったマロンも今はだいぶ育っちゃって。特にササミが大好きなんです」とほほ笑み、「ずっと長生きしてほしい」と願っています。 

 

(写真 / よく動き回るマロン、エサに気を取られている隙(すき)にパチリ!)